フリーペーパー道の駅秋号【岐阜県版】
24/56

毎年10月9・10日に行われる「八幡祭」は、旧高山城下町の北半分の氏神様である櫻山八幡宮の例祭です。春の山王祭と併せて300年以上もの長い歴史を誇るこの高山祭は、高山祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって、毎年、世界中の観光客を魅了します。秋の高山祭屋台曳き揃え安川通りの北側を舞台に、国の重要有形民俗文化財に指定された屋台十一台(今年は十台)をじっくりと鑑賞できる貴重な時間です。緻密な彫刻や屋台を華麗に彩る見送り幕など、職人の見事な仕事ぶりを堪能できます。なお、からくり奉納を行う布袋台(ほていたい)は九・十日の両日共に八幡宮境内に、他の九台は表参道に曳き揃えられます。 9日 9:00頃~16:00頃まで(布袋台は八幡宮境内、他9台は表参道)10日 9:00頃~12:00頃まで(布袋台は八幡宮境内、他9台は表参道)   12:00頃~16:00頃まで(布袋台は八幡宮境内、他9台は   表参道、各屋台蔵前、江名子川沿い)高山市岐阜の祭視るを令和元年10月9日(水)10日(木)写真提供:高山市み22

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 24

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です